当院の「新型コロナウイルス感染予防対策」

1. ご来院される患者様へのご協力の遂行
来院時に検温とアルコール消毒にご協力頂き、発熱(37.5℃以上)のある方は廊下の隔離スペースでの待機・診察をお願いしております。待合室ではマスクを着用し、大きな声での会話はお控えいただいております。

2. 医師・スタッフ感染予防の徹底
医師・スタッフ全員が、手洗い、アルコール消毒、マスク着用、毎日の検温、健康確認などを欠かさず行い、感染予防を徹底し診療を行っております。

3. 診察室・治療・検査機器、院内設備の除菌
診察室の診療毎の除菌はもちろんのこと、各検査機器、治療機器においても、使用後は、除菌対応を行っております。また、午前・午後の診療開始前に待合室を含めた院内全体の消毒を実施しております。

4. 扉の開放、空気清浄機などによる換気
入り口の扉は常に開放させていただき、空気をとどまらせないよう院内の換気を行っています。また、新型コロナウイルス不活性化の有効性が実証されている空気清浄機を待合室、診察室とネブライザー機器の間に2台設置し、感染予防に取り組んでいます。